食べる”どぶろく”

”はたけぞく”のカフェでは、
無農薬・無肥料の自然栽培米
「ササシグレ」で
”どぶろく”も製造、販売しています。

「ササシグレ」は知る人ぞ知る希少品種。
現在はごく一部の水田でしか栽培されていません。

材料は”水”と”お米”だけ

添加物は一切入っていません。

全国でも稀な「菩提もと」という製造方法で、材料は水と米のみ。蒸したお米と、生米を水につけ乳酸菌を増やした「そやし水」とお米をが元になります。

だから、自然な甘みと香りを楽しめます。

蔵の中にもともと漂っている酵母がその元の中に入ってくれるのを待たねばならず、何かを添加しているわけではないので、必ず酵母が入りどぶろくになるとは限りません。

そこが難しさでもあり楽しさです。

精米歩合90%と10%しか削らない。

精米歩合90%。実はこの数字、食べる白米と同じ精米歩合。お米本来の旨みを存分に、お米を食べる感覚で味わっていただきたいから、精米歩合を少なくしました。

だから、食べる”どぶろく”。

自然栽培の希少米「ササシグレ」の風味豊かな味わいをぜひ感じてください。

”はたけぞく”がどぶろくを作れるワケ

国の構造改革の一つで「どぶろく特区」
というものがあります。
これは、私たちのように農業をしながら
レストランや民宿を経営し6次産業化を実施している人が対象です。

自ら生産したお米を使って濁酒(どぶろく)を
作る際、酒税法の生産量に関する項目が
免除されます。その制度を利用して、
”はたけぞく”がある古民家の一角を使って
どぶろくを作っています。

実は、当初大府市はこの制度に
参画していませんでしたが、
”はたけぞく”が大府市に投げかけたところ、
大府市にも賛同いただき、
その結果大府市が国から認定を受けました。

”はたけぞく”のカフェでは、無農薬・無肥料の自然栽培米「ササシグレ」で”どぶろく”も製造、販売しています。「ササシグレ」は知る人ぞ知る希少品種。現在はごく一部の水田でしか栽培されていません。

材料は”水”と”お米”だけ

添加物は一切入っていません。全国でも稀な「菩提もと」という製造方法で、材料は水と米のみ。蒸したお米と、生米を水につけ乳酸菌を増やした「そやし水」とお米をが元になります。

だから、自然な甘みと香りを楽しめます。

蔵の中にもともと漂っている酵母がその元の中に入ってくれるのを待たねばならず、何かを添加しているわけではないので、必ず酵母が入りどぶろくになるとは限りません。そこが難しさでもあり楽しさです。

精米歩合90%と10%しか削らない。

精米歩合90%。実はこの数字、食べる白米と同じ精米歩合。お米本来の旨みを存分に、お米を食べる感覚で味わっていただきたいから、精米歩合を少なくしました。

だから、食べる”どぶろく”。

自然栽培の希少米「ササシグレ」の風味豊かな味わいをぜひ感じてください。

”はたけぞく”がどぶろくを作れるワケ

国の構造改革の一つで「どぶろく特区」というものがあります。これは、私たちのように農業をしながらレストランや民宿を経営し6次産業化を実施している人が対象です。

自ら生産したお米を使って濁酒(どぶろく)を作る際、酒税法の生産量に関する項目が免除されます。その制度を利用して、”はたけぞく”がある古民家の一角を使ってどぶろくを作っています。

実は、当初大府市はこの制度に参画していませんでしたが、”はたけぞく”が大府市に投げかけたところ、大府市にも賛同いただき、その結果大府市が国から認定を受けました。